採血してくれた松山市の派遣看護師さんに憧れて・・・♪

こんにちは。今日は病院へ行くとかなりの頻度でお世話になる”採血”について書いてみたいと思います。

そもそも採血行為とは資格の必要な行為であり、無資格で行うと【医師法違反】となり罰せられます。
病院におけるさまざまな医療行為は、基本的には医師にしか認められておりません。しかし医師の指導を受けた、という名目上で看護師も相対的医行為を行うことができます。
患者様の身の回りのお世話や手術中も医師のお手伝いができるのはこのためです。
そうすると、いつも採血の時に皆さんが目にする白衣のお姉さんは看護師(もしくは女医?)と連想するかもしれませんが、実はそれだけじゃないんです。

皆さんは、臨床検査技師、というお仕事を知っていますか?あまり世の中には知られてませんが、最近では様々なドラマなどにも登場して、その認知度のアップに貢献しています。
臨床検査技師とは、血液や尿、便、そのほかにも手術中に取り出された臓器や、コンタクトレンズ、皮膚、など様々を検査し、患者様の全身がどのような状態にあるかを数値として出し、医師に報告をする仕事です。
患者様の状態を把握できるのは、まぎれもなく臨床検査技師が存在しているからで、その臨床検査技師が出している数値を見て、医師が病名などを判断します。
臨床検査技師は、その検査結果からある程度の病名や、どのような状態にあるかなどを推測することはできますが、それを【診断】して患者様にお伝えすることはできません。
そのため患者様と直接接する機会がないので、認知度が低いままなのです。

皆さんが健康診断や人間ドックに行く際、採血をはじめとした心電図、脳波、妊娠時など特にお世話になるエコーなど、すべて臨床検査技師が行っています。
検査技師が検査を行うことで、医師が適切な判断をし、看護師がその補助行為をするという、チーム医療が成り立っているのですね。

これから先の人生、病院にお世話になることが何度かあると思いますが、その際は、採血をはじめとしたさまざまな検査をしてくれる人を看護師かな?とおもうだけでなく、臨床検査技師かな?と思ってくれる人が一人でも増えたらいいなあと思います。
私も、看護師さんに憧れて看護師派遣松山で派遣看護師として今は働いています♪